FP HACK

本物の合格最優先講義が、ここにある。

3級正誤問題(2021年5月)-相続

【問26】
子が同一年中に父と母のそれぞれから贈与を受けた場合、その年分の暦年課税による贈与税額の計算上、課税価格から控除する基礎控除額は、最高で220万円である。
【答26】
×:暦年課税による贈与税額の計算上、基礎控除額は、受贈者一人につき最高で110万円です(贈与者の数は関係ありません)。
【問27】
贈与税の配偶者控除の適用を受けるためには、贈与を受けた日において、贈与者との婚姻期間が20年以上なければならない。
【答27】
○:正しい記述です。
【問28】
養子には、普通養子と特別養子があり、普通養子は養子縁組により実方の父母との親族関係が終了しない。
【答28】
○:正しい記述です。
【問29】
相続人が負担した被相続人の葬式の際の香典返戻費用は、相続税の課税価格の計算上、葬式費用として控除することができる。
【答29】
×:相続税の計算上、香典返礼費用は債務控除の対象外です。
【問30】
被相続人の配偶者が、被相続人の居住の用に供されていた宅地を相続により取得した後、当該宅地を相続税の申告期限までに売却した場合、当該宅地は、相続税の課税価格の計算上、特定居住用宅地等として「小規模宅地等についての相続税の課税価格の計算の特例」の適用を受けることができない。
【答30】
×:「小規模宅地等の評価減の特例」は、配偶者は無条件で適用を受けることができます。

【問56】
「直系尊属から結婚・子育て資金の一括贈与を受けた場合の贈与税の非課税」の適用を受けた場合、受贈者1人につき(  )までは贈与税が非課税となる。
1. 1,000万円
2. 1,200万円
3. 1,500万円
【答56】
正解:1
「直系尊属から結婚子育て資金の一括贈与を受けた場合の贈与税の非課税」の特例の適用を受けた場合、受贈者1人につき1,000万円まで贈与税が非課税となります。
【問57】
下記の<親族関係図>において、Aさんの相続における妻Bさんの法定相続分は、(  )である。

<資料>
<資料>
1. 2分の1
2. 3分の2
3. 4分の3
【答57】
正解:3
相続人が配偶者相続人と第三順位の血族相続人という組み合わせであれば、配偶者相続人の法定相続分は4分の3となります。
【問58】
下記の<親族関係図>において、遺留分を算定するための財産の価額が3億円である場合、長女Eさんの遺留分の金額は、(  )となる。

<資料>
<資料>
1. 2,500万円
2. 5,000万円
3. 7,500万円
【答58】
正解:1
相続人が直系尊属のみである場合を除き、抽象的遺留分の金額は、遺留分算定の基礎となる財産の2分の1相当額で、具体的遺留分の金額は、抽象的遺留分に法定相続分をかけた金額となります。
よって、長女Eさんの遺留分の金額は、3億円×1/2×1/6=2,500万円となります。
【問59】
2021年5月11日(火)に死亡したAさんが所有していた上場株式Xを相続により取得した場合の1株当たりの相続税評価額は、下記の<資料>によれば、(  )である。

<資料>上場株式Xの価格
2021年3月の毎日の最終価格の月平均額 540円
2021年4月の毎日の最終価格の月平均額 600円
2021年5月の毎日の最終価格の月平均額 620円
2021年5月11日(火)の最終価格 600円
1. 540円
2. 600円
3. 620円
【答59】
正解:1
上場株式の相続税評価額は、被相続人が死亡した日の終値と、被相続人が死亡した月以前3ヵ月間の各月の終値の平均額のうち、最も低い金額となります。
【問60】
国税庁が公表している路線価図において、路線に「300C」と付されている場合、「C」の記号は、借地権割合が(  )であることを示している。
1. 60%
2. 70%
3. 80%
【答60】
正解:2
路線価図の英字は借地権割合を表しており、A(90%)~G(30%)まで10%刻みで設定されています。

スポンサーリンク




スポンサーリンク




<戻る 一覧へ
<前回同分野 次回同分野>

コメントは受け付けていません。