FP HACK

FP試験の合格を応援するサイト

3級穴埋め(2022年5月)-相続

「直系尊属から教育資金の一括贈与を受けた場合の贈与税の非課税」は、贈与を受けた年の前年分の受贈者の所得税に係る合計所得金額が1,000万円を超える場合、適用を受けることができない

被相続人の直系尊属で、法定相続人である者は、遺留分権利者とな る

相続税額の計算において、相続開始時に保険事故が発生していない生命保険契約に関する権利の価額は、原則として、相続開始時においてその契約を解約するとした場合に支払われることとなる解約返戻金の額によって評価する

個人が、自己が所有する土地に賃貸マンションを建築して賃貸の用に供した場合、相続税額の計算上、当該敷地は貸家建付地として評価される

相続人が相続により取得した宅地が「小規模宅地等についての相続税の課税価格の計算の特例」における貸付事業用宅地等に該当する場合、その宅地のうち200㎡までを限度面積として、評価額の50%相当額を減額した金額を、相続税の課税価格に算入すべき価額とすることができる


個人が死因贈与によって取得した財産は、課税の対象とならない財産を除き、相続税の課税対象となる

法定相続人が、被相続人の配偶者と父の2人である場合、父の法定相続分は3分の1である

相続人が相続の放棄をするには、原則として、自己のために相続の開始があったことを知った時から3ヵ月以内に、 家庭裁判所にその旨を申述しなければならない

公正証書遺言は、証人人以上の立会いのもと、遺言者が遺言の趣旨を公証人に口授し、公証人がそれを筆記して作成される遺言であり、相続開始後に 家庭裁判所における検認手続が不要である

相続または遺贈により財産を取得した者が、被相続人の父母である場合、その者は相続税額の2割加算の対象とならない

相続または遺贈により財産を取得した者が、被相続人の配偶者である場合、その者は相続税額の2割加算の対象とならない

相続または遺贈により財産を取得した者が、被相続人の兄弟姉妹である場合、その者は相続税額の2割加算の対象と  る

スポンサーリンク




スポンサーリンク





<戻る 一覧へ
<前回同分野

コメントは受け付けていません。