FP HACK

本物の合格最優先講義が、ここにある。

3級穴埋め(2019年9月)-相続

子が父から時価300万円の株式を50万円で譲渡を受けた場合の課税関係は、贈与税の課税対象となる

特別養子縁組によって養子となった場合、その者と実方の父母との法律上の親族関係は終了する

初七日や四十九日などの法会に要した費用は、相続税の課税価格の計算上、葬式費用として控除することができない

2021年中に開始する相続において、相続税額の計算における遺産に係る基礎控除額は、「3,000万円+600万円×法定相続人の数」の算式により求められる

「配偶者に対する相続税額の軽減」の適用を受けた場合、配偶者の相続税の課税価格が、相続税の課税価格の合計額に対する配偶者の法定相続分相当額または1億6,000万円のいずれか 多い金額までであれば、原則として、配偶者の納付すべき相続税額は算出されない


「直系尊属から教育資金の一括贈与を受けた場合の贈与税の非課税」の適用を受けた場合、受贈者1人につき1,500万円までは贈与税が非課税となる

被相続人Aさんには、配偶者Bさんが居り、子は居ない。両親は既に死亡しており、きょうだいには弟Cさんのみが居る。この場合のAさんの相続における弟Cさんの法定相続分は、4分の1である

相続時精算課税の適用を受けた場合、特定贈与者ごとに特別控除額として累計2,500 万円までの贈与には贈与税が課されず、それを超えた部分については一律20%の税率により贈与税が課される

上場株式の1株当たりの相続税評価額は、課税時期の終値と課税時期が属する月以前3ヵ月間の各月の終値の平均 のうち、一番低い価額である

相続税の計算において、宅地が「小規模宅地等についての相続税の課税価格の計算の特例」における特定事業用宅地等に該当する場合、その宅地のうち400㎡までを限度面積として、評価額の80%相当額を減額した金額を、相続税の課税価格に算入すべき価額とすることができる

スポンサーリンク




スポンサーリンク




<戻る 一覧へ
<前回同分野 次回同分野>

コメントは受け付けていません。