FP HACK

本物の合格最優先講義が、ここにある。

2級正誤問題(2019年1月)-金融

【問1】
全国企業短期経済観測調査(日銀短観)で調査の対象となる企業の業種は、製造業に限られ、非製造業は含まれない。
【答1】
×:日銀短観は、非製造業も調査対象としています。
【問2】
全国企業短期経済観測調査(日銀短観)では調査は毎月実施され、翌月に調査結果が公表される。
【答2】
×:日銀短観は、3ヵ月ごとに調査が実施されます。
【問3】
日銀短観で公表される「業況判断DI」は、景気動向指数の算出に使用される経済統計指標のうち、3ヵ月前の数値と比較して改善した指標の割合を表す。
【答3】
×:日銀短観の業況判断DIは、景況感について、「良い」と答えた企業の割合から「悪い」と答えた企業の割合を引いて算出されます。
【問4】
日本銀行の金融政策が決定される際、「日銀短観」の調査結果は判断材料の一つとして利用されている。
【答4】
○:日本銀行の金融政策が決定される際、「日銀短観」の調査結果は判断材料の一つとして利用されています。
【問5】
契約型投資信託は、運用会社と信託銀行等が信託契約を結ぶことにより組成される投資信託であり、会社型投資信託は、投資を目的とする法人を設立することによって組成される投資信託(投資法人)である。
【答5】
○:契約型投資信託は、運用会社と信託銀行等が信託契約を結ぶことにより組成される投資信託であり、会社型投資信託は、投資を目的とする法人を設立することによって組成される投資信託(投資法人)です。

【問6】
公募投資信託は、不特定多数の投資家に取得させることを目的とした投資信託であり、私募投資信託は、機関投資家などの特定または少数の投資家に取得させることを目的とした投資信託である。
【答6】
○:公募投資信託は、不特定多数の投資家に取得させることを目的とした投資信託であり、私募投資信託は、機関投資家などの特定または少数の投資家に取得させることを目的とした投資信託です。
【問7】
単位型投資信託は、投資信託が運用されている期間中いつでも購入できる投資信託であり、追加型投資信託は、当初募集期間にのみ購入できる投資信託である。
【答7】
×:単位型(ユニット型)投資信託は、当初の募集期間にのみ購入することができる投資信託で、追加型(オープン型)投資信託は、いつでも購入できる投資信託です。
【問8】
アクティブ型投資信託は、目標となるベンチマークを上回る運用成果を目指して運用される投資信託であり、パッシブ型投資信託は、目標となるベンチマークに連動する運用成果を目指して運用される投資信託である。
【答8】
○:アクティブ型投資信託は、目標となるベンチマークを上回る運用成果を目指して運用される投資信託であり、パッシブ型投資信託は、目標となるベンチマークに連動する運用成果を目指して運用される投資信託です。
【問9】
固定利付債券(個人向け国債を除く)において国内景気が好況で国内物価が継続的に上昇傾向にある局面では、債券価格は上昇する傾向がある。
【答9】
×:国内景気が好況で国内物価が継続的に上昇傾向にある局面は、一般的に金利上昇局面ですから、債券価格は下落する傾向があります。
【問10】
固定利付債券(個人向け国債を除く)において市場金利の上昇は債券価格の上昇要因となり、市場金利の低下は債券価格の下落要因となる。
【答10】
×:市場金利の上昇は債券価格の下落要因で、市場金利の低下は債券価格の上昇要因です。

【問11】
債券の発行体の財務状況の悪化や経営不振などにより、償還や利払い等が履行されない可能性が高まると、当該債券の市場価格は下落する傾向がある。
【答11】
○:債券の発行体の財務状況の悪化や経営不振などにより、償還や利払い等が履行されない可能性が高まると、当該債券の市場価格は下落する傾向があります。
【問12】
債券を償還日の直前に売却した場合には、売却価格が額面価格を下回ることはない。
【答12】
×:債券は時価で売却することができ、市場環境によっては、売却価格が額面価格を下回ることがあります。
【問13】
表面利率が0.5%、残存期間が3年の固定利付債券を額面100円当たり102円で購入し、償還された場合の最終利回りとして、正しいものはどれか。
なお、手数料、経過利子、税金等は考慮しないものとし、解答は表示単位の小数点以下第3位を四捨五入するものとする。また、「▲」はマイナスを意味するものとする。

1. ▲1.47%
2. ▲0.65%
3. ▲0.16%
4.  0.49%
【答13】
正解:3 
{0.5+(100-102)÷3}÷102×100=▲0.163…%です。
【問14】
PERは「株価÷1株当たり純利益」で計算される指標である。
【答14】
○:PERは「株価÷1株当たり純利益」で計算される指標です。
【問15】
PBRは「株価÷1株当たり純資産」で計算される指標である。
【答15】
○:PBRは「株価÷1株当たり純資産」で計算される指標です。

【問16】
配当利回りは「1株当たり年間配当金÷株価×100」で計算される指標である。
【答16】
○:配当利回りは「1株当たり年間配当金÷株価×100」で計算される指標です。
【問17】
ROEは「当期純利益÷売上高×100」で計算される指標である。
【答17】
×:ROE=当期純利益÷自己資本×100です。
なお、問題文は売上高当期純利益率の説明です。
【問18】
国外の証券取引所に上場している外国株式を国内店頭取引により売買するためには、あらかじめ外国証券取引口座を開設する必要がある。
【答18】
○:国外の証券取引所に上場している外国株式を国内店頭取引により売買するためには、あらかじめ外国証券取引口座を開設する必要があります。
【問19】
国内の証券取引所に上場している外国株式を国内委託取引により売買した場合の受渡日は、国内株式と同様に、売買の約定日から起算して3営業日目となる。
【答19】
○:国内の証券取引所に上場している外国株式を国内委託取引により売買した場合の受渡日は、国内株式と同様に、売買の約定日から起算して3営業日目です。
【問20】
外貨定期預金の預入時に満期日の円貨での受取額を確定させるために為替先物予約を締結した場合、満期時に生じた為替差益は外貨預金の利息とともに源泉分離課税の対象となる。
【答20】
○:外貨定期預金の預入時に満期日の円貨での受取額を確定させるために為替先物予約を締結した場合、満期時に生じた為替差益は外貨預金の利息とともに源泉分離課税の対象となります。

【問21】
ユーロ建て債券を保有している場合、ユーロに対する円の為替レートが円高に変動することは、当該債券に係る円換算の投資利回りの上昇要因となる。
【答21】
×:外貨投資を行った場合、為替レートが円高に変動する事は、円換算利回りの低下要因となります。
【問22】
下記<資料>に基づくファンドAとファンドBの運用パフォーマンスの比較評価に関する次の記述の空欄(ア)~(ウ)にあてはまる語句または数値の組み合わせとして、最も適切なものはどれか。

<資料>ファンドAとファンドBの運用パフォーマンスに関する情報

[ファンドA]
実績収益率:8.0%
実績収益率の標準偏差:2.0%

[ファンドB]
実績収益率:6.0%
実績収益率の標準偏差:4.0%

無リスク金利を1.0%として、<資料>の数値によりファンドAのシャープレシオの値を算出すると( ア )となり、
同様に算出したファンドBのシャープレシオの値は( イ )となる。
シャープレシオの値が( ウ )ほど効率的な運用であったと判断される。
1. (ア)3.50 (イ)1.25
(ウ)大きい
2. (ア)3.50 (イ)1.25
(ウ)小さい
3. (ア)4.00 (イ)1.50
(ウ)大きい
4. (ア)4.00 (イ)1.50
(ウ)小さい
【答22】
正解:1

(ア) (8.0%-1.0%)÷2.0%=3.50です。
(イ) (6.0%-1.0%)÷4.0%=1.25です。
(ウ) シャープレシオの値は、大きいほど、効率的な運用であったと判断されます。
【問23】
アセットアロケーションは、さまざまなリスクを低減しつつ安定したリターンを目指すために、投資資金を複数の資産クラス(国内外の株式、債券、不動産等)に配分することである。
【答23】
○:アセットアロケーションは、さまざまなリスクを低減しつつ安定したリターンを目指すために、投資資金を複数の資産クラス(国内外の株式、債券、不動産等)に配分することです。
【問24】
現代ポートフォリオ理論の一般的な考え方によれば、運用の成果に与える影響は、資産クラスの配分比率よりも個別銘柄の選択や売買のタイミング等の方が大きいとされている。
【答24】
×:一般的に、運用の成果に与える影響は、個別銘柄の選択や売買のタイミング等よりも、資産クラスの配分比率(アセットアロケーション)の方が大きいとされています。
【問25】
運用期間を通して定められた資産クラスの金額の配分比率を維持する方法の一つとして、値上がりした資産クラスを売却し、値下がりした資産クラスを購入するリバランスという方法がある。
【答25】
○:運用期間を通して定められた資産クラスの金額の配分比率を維持する方法の一つとして、値上がりした資産クラスを売却し、値下がりした資産クラスを購入するリバランスという方法があります。

【問26】
資産クラスの金額ではなくリスク量が同等になるように配分比率を決める運用においては、特定の資産クラスのボラティリティが上昇した場合、当該資産を売却する方法がある。
【答26】
○:資産クラスの金額ではなくリスク量が同等になるように配分比率を決める運用においては、特定の資産クラスのボラティリティが上昇した場合、当該資産を売却する方法があります。
【問27】
上場株式等の配当所得(一定の大口株主等が受ける配当に係る所得を除く)について、確定申告をする場合、総合課税に代えて申告分離課税を選択することができる。
【答27】
○:上場株式等の配当所得(一定の大口株主等が受ける配当に係る所得を除く)について、確定申告をする場合、総合課税に代えて申告分離課税を選択することができます。
【問28】
上場株式等の配当所得(一定の大口株主等が受ける配当に係る所得を除く)について、総合課税を選択する場合、上場株式等の譲渡損失の金額と損益通算することができる。
【答28】
×:配当所得を総合課税すると、上場株式等の譲渡損失の金額と損益通算することはできません(配当所得を上場株式等の譲渡損失の金額と損益通算するためには、分離課税を選択する必要があります)。
【問29】
上場株式等の譲渡損失の金額は、特定公社債等の利子等に係る利子所得と損益通算することができる。
【答29】
○:上場株式等の譲渡損失の金額は、特定公社債等の利子等に係る利子所得と損益通算することができます。
【問30】
損益通算してもなお控除しきれない上場株式等の譲渡損失の金額は、確定申告をすることにより、翌年以後3年間にわたって繰り越すことができる。
【答30】
○:損益通算してもなお控除しきれない上場株式等の譲渡損失の金額は、確定申告をすることにより、翌年以後3年間にわたって繰り越すことができます。

【問31】
金融商品取引法の適用対象には、金利スワップ取引や天候デリバティブ取引も含まれる。
【答31】
○:金融商品取引法の適用対象には、金利スワップ取引や天候デリバティブ取引も含まれる。
【問32】
金融商品販売法では、金融商品販売業者等が顧客に金融商品を販売するための勧誘をする際の勧誘方針の策定および公表は義務付けられていない。
【答32】
×:金融商品販売法では、金融商品取引業者等が顧客に金融商品を販売するための勧誘をする際の、勧誘方針の策定及び公表が義務付けられています。
【問33】
消費者契約法では、事業者の一定の行為により、消費者が誤認・困惑した場合について、消費者契約の申込み・承諾の意思表示を取り消すことができるとされている。
【答33】
○:消費者契約法では、事業者の一定の行為により、消費者が誤認・困惑した場合について、消費者契約の申込み・承諾の意思表示を取り消すことができるとされています。
【問34】
犯罪収益移転防止法では、銀行等の特定事業者が法人顧客と取引を行う場合、原則として、法人の実質的支配者および取引担当者双方の本人特定事項の確認が必要となる。
【答34】
○:犯罪収益移転防止法では、銀行等の特定事業者が法人顧客と取引を行う場合、原則として、法人の実質的支配者および取引担当者双方の本人特定事項の確認が必要となります。

スポンサーリンク




スポンサーリンク




<戻る 一覧へ 進む>
<前回同分野 次回同分野>

コメントは受け付けていません。