FP HACK

本物の合格最優先講義が、ここにある。

3級正誤問題(2021年9月)-リスク

【問6】
逓増定期保険は、保険期間の経過に伴い死亡保険金額が所定の割合で増加するが、保険料は保険期間を通じて一定である。
【答6】
○:逓増定期保険は、保険期間の経過に伴い死亡保険金額が所定の割合で増加しますが、保険料は保険期間を通じて一定です。
【問7】
地震保険では、保険の対象である居住用建物または家財の損害の程度が「全損」「大半損」「小半損」「一部損」のいずれかに該当した場合に、保険金が支払われる。
【答7】
○:地震保険では、保険の対象である居住用建物または家財の損害の程度が「全損」「大半損」「小半損」「一部損」のいずれかに該当した場合に、保険金が支払われます。
【問8】
普通傷害保険(特約付帯なし)では、一般に、被保険者が細菌性食中毒により入院した場合は、保険金支払の対象となる。
【答8】
×:普通傷害保険は、国内旅行傷害保険や海外旅行傷害保険と異なり、細菌性食中毒を補償しません。
【問9】
店舗の床に清掃時の水が残っていたため、顧客が転倒・負傷した場合に、顧客に対して法律上の損害賠償責任を負うことによって被る損害を補償する保険として、施設所有(管理)者賠償責任保険がある。
【答9】
○:施設所有者賠償責任保険は、施設の欠陥や管理の不備による事故、または、その施設の内外での業務の遂行中における事故を補償します。
【問10】
リビング・ニーズ特約は、被保険者の余命が6カ月以内と判断された場合に、所定の範囲内で死亡保険金の一部または全部を生前に受け取ることができる特約である。
【答10】
○:リビングニーズ特約は、被保険者の余命が6ヵ月以内と判断された場合に、3,000万円以内で死亡保険金の一部または全部を非課税で生前に受け取ることができる特約です。

【問36】
生命保険の保険料は、純保険料および付加保険料で構成されているが、このうち付加保険料は、
(  )に基づいて計算される。

1. 予定死亡率
2. 予定利率
3. 予定事業費率
【答36】
正解:3
純保険料は予定死亡率と予定利率に基づいて計算され、付加保険料は予定事業費率に基づいて計算されます。
【問37】
生命保険契約において、契約者(=保険料負担者)が夫、被保険者が( ① )、死亡保険金受取人が( ② )である場合、被保険者の死亡により死亡保険金受取人が受け取る死亡保険金は、相続税の課税対象となる。

1. ① 妻 ② 夫
2. ① 妻 ② 子
3. ① 夫 ② 子
【答37】
正解:3
生命保険の死亡保険金が相続税の課税対象となるのは、契約者(=保険料負担者)と被保険者が同一である契約の場合です。
【問38】
自動車を運行中にハンドル操作を誤ってガードレールに衝突し、運転者がケガを負った場合に被った損害は、(  )による補償の対象となる。

1. 対人賠償保険
2. 人身傷害(補償)保険
3. 自動車損害賠償責任保険
【答38】
正解:2
自動車事故で、記名被保険者またはその家族、および被保険自動車に搭乗中の人が死傷した場合に備える保険は、人身傷害補償保険です。
対人賠償責任保険や自動車損害賠償保険(自賠責保険)は、他人の身体に対する損害賠償責任を負った場合に備える保険です。
【問39】
個人賠償責任保険(特約)では、被保険者が(  )、法律上の損害賠償責任を負うことによって被る損害は、補償の対象とならない。

1. 買い物中に店の商品を割ってしまい
2. 自転車で通学中に歩行者と衝突してケガをさせてしまい
3. 職務の遂行中に顧客の服を汚してしまい
【答39】
正解:3
個人賠償責任保険は日常生活における様々な賠償時効に備える保険ですが、自動車を運転中の事故や業務中の事故は他の保険で備えるため補償の対象外とされています。
【問40】
医療保険等に付加される先進医療特約では、(  )時点において厚生労働大臣により定められている先進医療が給付の対象となる。

1. 申込日
2. 責任開始日
3. 療養を受けた日
【答40】
正解:3
先進医療特約の給付対象となるか否かは、療養を受けた時点において、先進医療に指定されているか否かで判定します。

スポンサーリンク




スポンサーリンク





<戻る 一覧へ 進む>
<前回同分野

コメントは受け付けていません。