FP HACK

本物の合格最優先講義が、ここにある。

3級穴埋め(2019年5月)

個人のライフプランニングにおいて、キャッシュフロー表に記載する金額は、物価変動等が予測されるものについては、通常、将来価値で計上する

国民健康保険の被保険者は、原則として、75歳に達した時にその資格を喪失し、後期高齢者医療制度の被保険者となる

雇用保険の基本手当を受給するためには、倒産、解雇および雇止めなどの場合を除き、原則として、離職の日以前2年間に被保険者期間が通算して12ヵ月以上あることなどの要件を満たすことが必要となる

60歳以上65歳未満の厚生年金保険の被保険者に支給される老齢厚生年金は、その者の総報酬月額相当額と基本月額の合計額が28万円を超える場合、年金額の一部または全部が支給停止となる

独立行政法人日本学生支援機構が取り扱う奨学金(貸与型)のうち、第一種奨学金と第二種奨学金の違いは、第一種奨学金は無利息で、第二種奨学金は利息付(在学中は無利息)である

保険法の規定によれば、保険契約者や被保険者に告知義務違反があった場合、保険者は原則として保険契約を解除することができるが、この解除権は、保険者が解除の原因があることを知った時から1ヵ月間行使しないとき、または契約締結の時から5年を経過したときは消滅する

生命保険の保険料のうち、純保険料は、予定死亡率および予定利率に基づいて計算される

養老保険の福利厚生プランでは、契約者(=保険料負担者)を法人、被保険者を従業員全員、死亡保険金受取人を被保険者の遺族、満期保険金受取人を     法人とすることにより、支払保険料の2分の1相当額を福利厚生費として損金の額に算入することができる

普通傷害保険において、被保険者がウイルス性の食中毒により通院した場合は、通常、保険金支払の対象とならない

自動車保険の人身傷害補償保険では、被保険者が自動車事故により負傷した場合、自己の過失割合にかかわらず、保険金額の範囲内で治療費や休業損害などの実際の損害額が補償される

日本銀行の公開市場操作による買いオペレーションは、市中の資金量を増加させ、金利の低下を促す効果がある

投資信託約款に株式を組み入れることができる旨の記載がある証券投資信託は、株式をいっさい組み入れていない場合、株式投資信託に分類される

一般に、市場金利が上昇すると、それに伴い債券の利回りは上昇し、債券価格は低下する

X社の株価が1,200円、1株当たり純利益が36円、1株当たり年間配当金が24円である場合、X社株式の配当利回りは、%である

2資産で構成されるポートフォリオにおいて、ポートフォリオのリスク低減効果は最大となるのは、2資産間の相関係数が-1である場合


所得税法における居住者(非永住者を除く)は、原則として、国内で生じた所得について所得税の納税義務が生じ、国外で生じた所得についての所得税納税義務は生じ る

不動産の賃貸に伴い受け取った敷金のうち、不動産の貸付期間が終了した際に賃借人に返還を要するものは、受け取った年分の不動産所得の金額の計算上、総収入金額に算入しない

上場株式を譲渡したことによる損失の金額は、確定申告をすることによって、不動産所得などの他の所得金額と損益通算することができない

確定拠出年金の個人型年金において加入者が拠出した掛金は、その額が小規模企業共済等掛金控除として所得控除の対象となる

納税者の合計所得金額が1,000万円を超えている場合、配偶者の合計所得金額の多寡にかかわらず、所得税の配偶者控除の適用を受けることはできない

不動産取引において、買主が売主に解約手付を交付したときは、相手方が契約の履行に着手するまでは、買主はその手付を放棄することで、売主はその手付の倍額を償還することで、それぞれ契約を解除することができない

借地借家法の規定によれば、事業用定期借地権等の設定を目的とする契約は、公正証書以外の書面によって締結できない

建築基準法の規定によれば、住宅は、工業地域内および準工業地域内においても建築することができ る

建物の区分所有等に関する法律の規定によれば、規約の変更は、区分所有者および議決権の各4分の3以上の多数による集会の決議によらなければならない

新築の戸建て住宅の取得に対する不動産取得税の課税標準の算定上、「不動産取得税の課税標準の特例」の適用を受けることにより、固定資産税評価額から最高で1,200 万円を控除することができる

書面によらない贈与は、既に履行が終わった部分を除き、各当事者が撤回することができ る

相続税法の規定によれば、子が父から著しく低い価額の対価で土地を購入した場合、、原則として、当該対価と譲渡を受けた土地の時価との差額に対して贈与税が課される

相続人が相続の放棄をする場合は、原則として、自己のために相続の開始があったことを知った時からヵ月以内に、家庭裁判所にその旨を申述しなければならない

被相続人の相続開始前に死亡している被相続人の子を代襲して相続人となった被相続人の孫が相続により財産を取得した場合、相続税額の計算上、相続税額の2割加算の対象とならない

相続財産の評価において、相続開始時に保険事故が発生していない生命保険契約に関する権利の価額は、原則として、解約返戻金相当額によって評価する


健康保険の任意継続被保険者となるためには、健康保険の被保険者資格を喪失した日の前日まで継続して2ヵ月以上被保険者であった者が、原則として、資格喪失の日から20日以内に任意継続被保険者の資格取得手続を行う必要がある

夫が受給している老齢厚生年金の加給年金対象者である妻が65歳になり、老齢基礎年金の受給権を取得し、当該妻に支給される老齢基礎年金に振替加算の額が加算される場合、その振替加算の額は、の生年月日に応じた額となる

遺族厚生年金の額(中高齢寡婦加算額および経過的寡婦加算額を除く)は、原則として、死亡した者の厚生年金保険の被保険者記録を基礎として計算した老齢厚生年金の報酬比例部分の額の4分の3に相当する額である

長期固定金利住宅ローンのフラット35(買取型)を利用するためには、住宅の購入価額の要件が無い

個人が消費者金融会社の消費者ローンを利用する場合、貸金業法の総量規制により、1人当たりの無担保借入額(または利用枠)の合計額は、原則として、他社借入れ分を含めて年収額の3分の1以内とされている

保険業法上の保険募集において、保険募集人が保険契約の勧誘を行い、保険契約の成立は保険会社の承諾による形態は、媒介で、保険募集人が承諾をすれば、その保険契約が成立する形態は代理

現在加入している生命保険契約を、契約転換制度を利用して新たな契約に転換する場合、転換後の保険料は転換時の保険料率が適用され、一般に、転換する際には告知及び診査は要である

生命保険契約において、契約者(=保険料負担者)が夫、被保険者が妻、死亡保険金受取人が子である場合、子が受け取る死亡保険金は、贈与税の課税対象となる

海外旅行保険では、海外旅行中に発生した地震によるケガは補償の対象とな  る

海外旅行保険では、海外旅行から帰宅途中の日本国内で起きた事故によるケガは補償の対象とな  る

個人賠償責任保険では、被保険者の配偶者が自動車の運転中に歩行者に接触してケガを負わせ、法律上の損害賠償責任を負うことによって被る損害は、補償の対象とならない

全国の世帯が購入する家計に係る財およびサービスの価格等を総合した物価の変動を時系列的に測定する消費者物価指数は、総務省が公表している

投資信託における、企業の成長性が市場平均よりも高いと見込まれる銘柄に投資する運用手法は、グロース運用

個人向け国債の金利の下限は、年0.05%である

外貨預金の払戻し時において、預金者が外貨を円貨に換える場合に適用される為替レートは、預入金融機関が提示するTTである

金融商品の販売にあたって、金利、通貨の価格、金融商品市場における相場その他の指標に係る変動を直接の原因として元本欠損が生ずるおそれがあるときは、その旨および当該指標等について顧客に説明することが、金融商品の販売等に関する法律で義務付けられてい る


国内において支払を受ける預貯金の利子は、原則として、国税(復興特別所得税を含む)と地方税を合わせて20.315%の税率による源泉分離課税の対象となる

所得税において、2021年中に取得した建物(鉱業用減価償却資産等を除く)に係る減価償却の方法は、定額法である

所得税における一時所得の金額は、その年中の一時所得に係る総収入金額から、その収入を得るために支出した金額の合計額を控除し、その残額から最高50万円の特別控除額を控除した金額である。なお、総所得金額に算入する場合は、この金額に2分の1を乗じた金額となる

所得税における住宅借入金等特別控除の対象となる借入金は、住宅の取得等のための一定の借入金で、契約において10 年以上にわたって分割返済する方法になっているものである

青色申告者の所得税の計算において、損益通算してもなお控除しきれない純損失の金額がある場合には、所定の要件のもと、その純損失の金額を翌年以後年間にわたって繰り越して、各年分の総所得金額等の計算上、控除することができる

土地の売買において、仮登記をすることで、その後に行う本登記の順位を保全する効果がある

土地の売買において、仮登記を行うと、所有権の移転を第三者に対抗することができない

民法の規定によれば、不動産の売買契約において、売買の目的物に契約に適合しない箇所があり、買主が売主の契約不適合責任に基づく損害賠償の請求をする場合、買主は、その契約に適合しない箇所がある事実を知った時から1年以内に売り主に通知しなければならない

建築基準法の規定によれば、第二種低層住居専用地域内における建築物の高さは、原則として10 mまたは 12 mのうち、当該地域に関する都市計画において定められた建築物の高さの限度を超えてはならない

認定長期優良住宅ではない2階建ての新築住宅に係る固定資産税については、「新築された住宅に対する固定資産税の減額」の適用を受けることにより、新たに固定資産税が課されることとなった年度から3年度分に限り、床面積120㎡までの部分に相当する税額が2分の1に減額される

投資総額2,000万円で購入した賃貸用不動産の年間収入の合計額が120万円、年間費用の合計額が40万円である場合、この投資の純利回り(NOI利回り)は、%である

贈与税の配偶者控除は、婚姻期間が20年以上である配偶者から居住用不動産の贈与または居住用不動産を取得するための金銭の贈与を受け、所定の要件を満たす場合、贈与税の課税価格から贈与税の基礎控除額とは別に2,000 万円を限度として控除することができるものである

「直系尊属から住宅取得等資金の贈与を受けた場合の贈与税の非課税」の適用を受けることができる受贈者は、贈与を受けた日の属する年の1月1日において20歳以上であり、その年分の所得税に係る合計所得金額が2,000 万円以下であるなどの要件を満たす者とされている

遺留分算定の基礎となる財産の価額が1億2,000万円で、相続人が被相続人の配偶者、長男、長女および二女の合計4人である場合、二女の遺留分の金額は、1,000 万円となる

相続または遺贈により財産を取得した者が、その相続開始前年以内に被相続人から贈与により取得した財産があるときは、その財産の贈与時における時価により評価した金額を、原則として相続税の課税価格に加算する

相続税の計算において、宅地が「小規模宅地等についての相続税の課税価格の計算の特例」における貸付事業用宅地等に該当する場合、その宅地のうち200㎡までを限度面積として、評価額の50%相当額を減額した金額を、相続税の課税価格に算入すべき価額とすることができる

スポンサーリンク




スポンサーリンク




<戻る 一覧へ 進む>

コメントは受け付けていません。